スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.12.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

るーびっく

人間ルービックキューブ説。
いろんな側面を場面や相手によって、
組み替えながら生きている。
この人には、清純な面と洒落っ気ある面を。
この時には、アホな面と天然な面を。
無自覚にしろ、ケースバイケースで
人格を変えている部分があると思う。
で、久々に会った友人となると、
どんな面だったか思い出すのに時間がかかって。

お互いおぼつかない様子で、
でもそんな新鮮な感じがまた楽しくて。
気づけばどんな面なのかなんて気にしなくなってて、
笑ってるうちにまたあの頃に戻ってる。
無理やり組み替えて作った面、
じゃなくて、ごくごく自然なじぶんがいる、
そういうことに照れながらも喜びを感じるのです。





今日、私は、街で泣いている人を見ました。

ストレスを解消するいちばんの方法。
それは、泣くことだそうです。

テレビで得た情報ですが、
そう知ってからは、グッときたら
惜しみなく泣くことにしています。
たとえひとりでいても、
泣くことには照れがあるので、
なんとかそれを取っ払って。
さや侍なんかは映画館で号泣しました。

で、思ったことがあって、
泣くことが最大のストレス解消法なのだから
涙もろい人はストレスから縁遠い、
ということではなくて、むしろ、
涙もろい人はストレスを溜めやすいのではと。
ストレスを溜めやすいからこそ、
じぶんの無意識が涙を流せと命令する。
そうやって、心のバランスを
保っているのではないでしょうか。

僕も涙もろくなる時期があります。
いまがまさにそうです。
逆を言えば、いまはストレスが多い時期なのかも。
体とは実にかしこいな、と思います。

また、年をとると涙もろくなると言いますが、
あれは本能が施す死へのストレス対策なのでは?
なんの根拠もない、単なる仮説ですよ。
医学的に考えればいろいろと理由があるそうですが、
僕は僕なりの仮説を持っておきたいなということで。

あなたは最近、いつ泣きましたか?


進化とは

「進化とは緩やかに進むものではなく、
ある臨界点を超えると一気に進むものである」

これは楳図かずおの論だが、
似たようなことがコピーにも言えると聞いた。
「コピーはある時を境にグンとうまくなる」らしい。
そしてそのタイミングは何度か来る。
きっと、生きることだって同じなんだろう。

うまいこといかない期間は進化への途中段階。
どっかのタイミングで芽が出る。
その日まで耐えていられるかどうかの差、
なのかもしれないなあ。



眠いから、夢の話

どんなことを広告学校で学んでいるのか、
書こうと思ったのですが、眠くなってしまいました。

すみません。

つづきはまた今度書きますね。
np.とCACの違いについても書いておきたい。
でも今は、眠気が勝ってしまっているのです。
ふがいなし。ふがし食べたい。

そういえば以前、明晰夢を見たことがあります。
夢のなかで夢だと気付く、というものです。
夢のなかの僕は映画の俳優をやっていて、
演技の途中に夢だと気付いたものだから、
どんな台詞を言っていいのかまったく分かりませんでした。
でも、「どうせ夢だしいいや」と思ってテキトーにしゃべってみたら、
「何してんだよ!」と、監督にボコボコにされるハメに。。

「おい、夢だからそこはなんとかなるんじゃないのかよ?!」
と思いつつも、あまりに理不尽な暴行を受け、
その痛みとショックのせいで起きてしまいました。
人生初の明晰夢なのに、どうしてこんな目にあうのだ・・・
なんともやるせない目覚めの中、ふと気付いたら、
本当に全身が痛くなっていてこれまたビックリ。

寝相のせいで全身を痛めたからそういう夢を見た、
というわけではないと思うのです。
もしそうなら、演技ができずに殴られたという、
その文脈がおかしなことになるからです。

「現実で体を痛めたから、それが時間差で夢にもあらわれて、
物語の流れ的に『監督に殴られる』というシーンが出てきた。」

これだと、痛みが夢に伝わるのに、
時差が生じるということになりますが、
そんなことが果たしてあり得るのかどうか?
体を打ったとしたら、まずその時点で目が覚めないか。

つまり、考えられることとしては、
「夢の中で殴られたから現実でも痛くなった」
ということなのではないかと思うのです。

現実の出来事が夢に作用するのではなく、
夢の出来事が現実に作用していくという仮説。

先日見た「インセプション」でも、
夢の中での死が現実世界での脳死につながる、
というような設定がありました。
夢が現実に及ぼす影響は、
少なからずあるのではと思い、ちょっと怖く思います。

眠くて広告学校のことを書かない宣言のつもりが、
気付けばわき道にそれて長文になってしまいました。

できればまた近いうちに、
ざっくりコピーのことでも書きたいです。
もちろん広告学校で学んだことを踏まえつつ。
宣伝会議賞も、もう21日が過ぎてしまいましたね。

みなさま、お互いに頑張ってまいりましょう。
「コピーの神様は、きっといる。」
今年の目標本数は3000本としました。
これでダメならコピーライター諦める、
なんてことは絶対に言いません。
ダメならもっと頑張ればいいだけだと思うので。

「偶然の女神は、準備のできた心に訪れる」

中村禎さんから教えていただいた言葉です。


優しさは、痛みを知ることからはじまる。

自分が少し動けているときは、
動けずにもがいている人の苦しみに気付きにくい。
自分が健康でいるときは、
病気に苦しむ自分を想像するのが苦手なように。
だから、私はこう思う。
人に対して優しさやいたわりの気持ちを持てるのは、
痛みや苦しみをきちんと知っている人なんじゃないかと。
今、苦しんでいるあなたよ。
あなたは、誰かに優しくできる心の持ち主だ。
痛みを分かち合うことのできる、とても優しい人だ。
そんなあなたが、この世にいなくて良いわけがない。
どうか、長く生きてください。
あなたの助けを待っている人が、きっと山ほどいるはずです。


***


「学生47都道府県キャッチコピーコンテスト」
というコンペで、いくつかコピーを応募してみました。
才像さんという団体が主催しています。
その一次選考に残させて頂いた広島のコピーで、

「誰かに優しくできるのは、
痛みをよく知る人たちだと思う。」

というものがありました。

痛みに敏感な人ほど、人に優しくできる。
痛みを背負った広島には、優しさが溢れている。

そんな思いが、キレイ事かもしれませんが、
僕の中にはありました。だからコピーにしました。
そして、キレイ事かもしれないこの思いを、
今回は「広島」という要素を抜いて、日記にしてみました。
ちょこっとだけ、岩崎俊一さんへの敬意も込めて。

世の中は今日も、ほとばしる暑さの中、
痛みと優しさで混在しているのかもしれません。
とかなんとか、カッコつけてみました。

熱中症だけにはお気をつけてくださいね。



偏見と考古

 ふと最近、思ったこと。 


A型は自分に厳しい。だからしっかり者ってイメージがあるんだと思う。 
B型は若干、客観性が欠如している。でも精神的にすごくタフ。 
O型は良い意味でも悪い意味でも、周りを良く気にするタイプ。 
AB型は最先端って感じ。色々と不思議でつかめない。 

血液型気にしてしまうのは良くないかもしれませんが、
こんな感じで捉えちゃってます。ぶひっ。





あと、結構前にNHKの番組でやっていた、
男と女の気質が違う理由が面白かったので紹介します。 

男は原始時代、あちこちに逃げ惑う獲物を追い回すから、 
その追い回した道のりを空間的に感じて覚える必要があった。 
(そうしないと居住地に帰れないため) 
一方、女は自分のペースで居住地から離れて食べるための植物を採取していたから、 
空間的に道のりを覚えるのではなく、 
「あの木を曲がったら30歩」とかっていう目印を使って覚えていた。 

この道の覚え方はそれぞれ、男は右脳、女は左脳を使う方法だったから、 
現在でも男の方が空間把握にすぐれていて、 
女の方が論理的思考にすぐれていると考えられる。 


そうするとやっぱり性格にも影響してきて、 
夢を追う生き物が男だとすれば、現実を求めるのが女ということになる。 
何気なく肌で感じていることが、 
こうして科学的に解明されるのはすごく面白いと思います。 


まぁ、だからどうしたって話なんですけどね\(^o^)/ 


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
LOVE is HOT.
uniqlo
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
わたしは真悟 (Volume1) (小学館文庫)
わたしは真悟 (Volume1) (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
楳図 かずお
別世界に連れていってくれる夢物語。
こどもから大人へ変化することは、
とても残酷なのです。
recommend
マグノリア コレクターズ・エディション [DVD]
マグノリア コレクターズ・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

ろくでもない人々が織りなす、
再生の群像劇。
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座