<< 恐怖心、というガソリン | main | スリムウォーク >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.12.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

宣伝会議賞@NTTドコモ

せっかくなので、
NTTドコモ「メール翻訳コンシェル」の
課題で書いたコピーを載せてみます。


***

そうか、こういう内容の
迷惑メールだったのか。

はじめてレディー・ガガに
つぶやいてみた。

英語の迷惑メールは、
読めると結構おもしろい。

英語でつぶやいてみたら、
英国紳士にフォローされた。

自分のつぶやいた英語で、
英語を勉強している。

彼の送ったメールで、
英語が勉強できる。

私に英語を教えてくれたのは、
私の書いたメールでした。

私には、専属の
翻訳家がついています。

翻訳家のみなさん、
仕事を奪ってすみません。

息子が「留学したい」と言った。

息子の夢が、
海外進出になった。

娘が、アメリカ人の
彼氏を連れて来た。

なんだ、世界って
意外と平和なんだ。

迷惑メールさえ、
英語の教材になる。

子どもから、携帯電話を
取り上げないでください。

ネットの世界は、
英語の教材で
あふれていました。

テレビでは、
報道されていないこと。

本当のニュースは、
ニュースにならない。

ニュースにならないことの方が、
本当のニュースだったりする。

英語の迷惑メールを、
教材に変える方法。

教科書には、
あの子をデートに誘う
英文法は載っていない。

「いいね!」だけでは、
伝えられないこと。

よくないね!ボタンは、
まだないのです。

いいねボタンは、
正しいコミュニケーション
なんだろうか。

今日は、
レディーガガに
英語を教わった。

ハリウッドスターのつぶやきを、
英語の教材にする方法。

つぶやきさえも、
教科書になる。

好きな人のつぶやきで、
外国語を勉強できる幸せ。

息抜きの時間が、
点数をあげる時間になる。

今日は、誰のつぶやきを
教科書にしようかな。

***


上から思いついた順なので、
いちばん最初に書いたコピーが
グランプリを獲ったことになります。
ときにはそんなこともあるんですね。

24年間+5分を費やして出会えた、
愛すべきコピーの神様なのでした。


スポンサーサイト


  • 2014.12.26 Friday
  • -
  • 19:08
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
贈賞式でお世話になりましたN山です。

開始前の会場で日野原さんをお見かけして初対面ながら思わず声をお掛けしてしまったんですが、丁寧に応じて頂きありがとうございました。

若いのにきちんとしてるし、記念すべき50回目のグランプリが日野原さんで本当に良かったです。

それにしても、応募した中に「迷惑メール」が切り口になっているコピーが3つもあったのは、日野原さんの中で何か引っかかりがあったんでしょうね。
少なくとも他の人では思いつかない着眼点だと思います。

卒業になってしまうと寂しい気持ちもしますが、また他のコンペで一緒に名前が並べられたらいいですね。

  • N山
  • 2013/03/27 3:07 AM
N山さん同様、僕も迷惑メール案が3つも出てるのに驚きました。しかも、最初に思いつくなんて。こういうことが実際にあったのかな?
N山さん、オクーさん

コメントありがとうございます。
まだときどき夢じゃないかと不安になりますが、
これからも頑張っていきたいと思います。

グランプリの切り口についてですが、
「価値のないものに価値をくっつける」
ということがぼくは大好きなので、
商品周りに漂っていた「迷惑メール」という
価値のないものを扱おうと思いました。

あと「コンセプトを隠す」ということを心がけました。
グランプリ以外の迷惑メールを切り口にしたコピーは、
コンセプトが丸出しになってしまっています。
「英語の迷惑メールが楽しめたり、そこから学びを得られる」。
そういうのは企画意図に書かれるべきことであって、
コピーにしちゃうとそのまますぎるのだと思います。

とかなんとか聞かれてもないのに書いてすみません。
実際にあった話ではないですが、
迷惑メールって日本語のものでも読んでみると、
実際結構面白かったりするんですよね。

http://meiwaku.me/mail?contents_id=5
↑ネットで一時期話題になっていましたが、
チンパンジーが書いているという設定の迷惑メールです。
これ、最高に好きなんです。
  • ひのはら
  • 2013/03/28 11:17 AM
コンセプトを隠す、というのはよくわかりますけど
なかなか難しいですよね。
読む側からすると、意味不明になってしまう
可能性がないこともない。
隠さなければ、当たり前になってつまらない。
そのあたりが表現のおもしろさですね。

チンパンジーのヤツ、僕も知ってました。好き!
  • オクー
  • 2013/04/01 10:08 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LOVE is HOT.
uniqlo
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
わたしは真悟 (Volume1) (小学館文庫)
わたしは真悟 (Volume1) (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
楳図 かずお
別世界に連れていってくれる夢物語。
こどもから大人へ変化することは、
とても残酷なのです。
recommend
マグノリア コレクターズ・エディション [DVD]
マグノリア コレクターズ・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

ろくでもない人々が織りなす、
再生の群像劇。
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座