<< すきなうた | main | 文化遺伝子のリレー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.12.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

横井軍平さんのものづくり

「枯れた技術の水平思考」をご存知でしょうか。

これは、任天堂を世界的大企業へと押しあげた
横井軍平さんという方が提唱された考え方です。

Wikipediaの文章を借りますと、
「枯れた技術」とは「すでに広く使用されてメリット・
デメリットが明らかになっている技術」のことで、
「水平思考」とは、「既存の概念に捉われず
新しい角度から物事を見る」ことであります。
つまり「既存の技術を既存の商品とは異なる使い方をして、
まったく新しい商品を生み出す」ことを意味しています。

例えば「ゲーム&ウォッチ」。
任天堂開発による初の携帯型ゲーム機ですが、
これにも枯れた技術の水平思考が活きています。
アイディアの発端は、横井さんが新幹線の中で
暇潰しに電卓のボタンを押して遊んでいる人を見たこと。
電卓という使い古された技術の異なる使い方を思考し、
携帯型ゲーム機として誕生させたのがゲーム&ウォッチなのです。
日本ではそれまで、
電卓サイズのゲーム機というものはありませんでした。
ゲーム業界を変える革命的なアイディアは、
こんなふうにして生まれたのですね。

枯れた技術の水平思考。
これが商品開発の際に役立つのはもちろんのことですが、 
さらに、広告をつくる際にも、
活かすことができる考え方なのではないかと思います。

例えば鉛筆のコピーを書くとき。
そこに「書く」以外の使い方を提案できないか、
新しい売り出し方ができないかという観点で
アイディアを考えたりします。
鉛筆について違う使い道を考えるのは
そもそも邪道かもしれませんが、
何かフィットする商品があったとき、
そこに斬新なビジネスチャンスが生まれるはず。

いやはや、横井軍平さん、ほんとすごいですなあ。


スポンサーサイト


  • 2014.12.26 Friday
  • -
  • 18:56
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LOVE is HOT.
uniqlo
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
わたしは真悟 (Volume1) (小学館文庫)
わたしは真悟 (Volume1) (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
楳図 かずお
別世界に連れていってくれる夢物語。
こどもから大人へ変化することは、
とても残酷なのです。
recommend
マグノリア コレクターズ・エディション [DVD]
マグノリア コレクターズ・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

ろくでもない人々が織りなす、
再生の群像劇。
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座