<< そして、消える | main | 魚と骨 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.12.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

病棟午前4時44分

非常口のピクトグラムが踊り出す午前4時44分
幽霊たちの往来を映し出す鏡が割れた
ここは閉鎖病棟 タバコを禁じられた女が叫ぶ
「荻生徂徠だってこんな場所じゃ5日ともたないわ」
血まみれの口から放たれた言葉は何一つ意味を持たず
おどろおどろしい闇の廊下に溶けては消えていく
ふと気付けば眠りこけ ふと気付けばまた朝が来る
昨日までの悲しみがすべて夢ならいいのにと
途方に暮れてはまた暮れていく1日を待っている
ナースが運んでくれるアルマイトに並べられた料理は
どこか懐かしい匂いを放って小学生の頃を思い出させた
いつからやり直せばこんな場所に来なくて済んだのか
何回シミュレーションしたって答えなんか出ない
非常口のピクトグラムが踊り出す午前4時44分
その下を通過すれば非日常口が開けるという話
向かいの病室で毒キノコの図鑑を読み耽る老人が教えてくれた
彼いわく宇宙人の正体は滅亡する寸前の未来人とのことで
UFOは滅亡を防ぐためにDNAを採取しに来ているのだという
そんな説を唱える老人のことだ 馬鹿げた妄想だろう
でも今は関係ないんだ ここから抜け出せるならば
誰にも気付かれないように非常口を目指す午前4時39分
5分前行動を叩き込んでくれた父には感謝する
見つからないように 見つからないように
忍び足で向かったその場所には
あの老人がいた 不気味な笑みを浮かべて
唖然とする私にそっとキノコを差し出した
まさか毒キノコ、かとも思ったが 
そう呼ぶにはあまりに美しい
「これを毒とするのは神への冒涜に等しい」
もう一人の私がそう言った
やむなし 悩むまでもなく口に放り込む
生で味わうそのキノコは この世のものとは思えない美味しさで
すべての世界が3重に見えはじめた
思考能力が低下する中で
耳にした最後の言葉は
血にまみれた私の口から放たれる意味のない言葉
「荻生徂徠だってこんな場所じゃ5日ともたないわ」


スポンサーサイト


  • 2014.12.26 Friday
  • -
  • 15:39
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
LOVE is HOT.
uniqlo
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
わたしは真悟 (Volume1) (小学館文庫)
わたしは真悟 (Volume1) (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
楳図 かずお
別世界に連れていってくれる夢物語。
こどもから大人へ変化することは、
とても残酷なのです。
recommend
マグノリア コレクターズ・エディション [DVD]
マグノリア コレクターズ・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

ろくでもない人々が織りなす、
再生の群像劇。
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座