<< カメラは手に聞いて、つくれ。 | main | さようなら、2010年。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.12.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ノルウェイの森へようこそ




この度、映画「ノルウェイの森」のコピーを、
書店用のポスターに載せていただけることになりました。

コピーライターになるための勉強を、
ずっと続けてきた身として、
これほどに嬉しいことはありません。
偶然の要素が強いと思いますし、
手放しに喜んではいけないはずですが、
救われたような気持ちになった次第です。

「愛は、どんな森よりも深い。」というコピーを書きました。

いつも、コピーを書くときは、
あれやこれやと理屈を立ててから、
じっくり考えながら書くのですが、
このコピーに関してはそうではありませんでした。
アウトプットの数も、とても少ないです。

それが果たしていいことなのか、
悪いことなのかはなんとも言えません。
普段の課題ではもっと数は出しますし、
ロジックの上に立ってコピーを書きます。

けれど、今回のように、
直感でコピーを放射するということも、
コピーライターとしては大切なことなのだと感じました。

考えていたことは非常に単純で、
映画の方向性として「愛」という要素を入れることと、
タイトルにちなんで「森」の要素を入れること、
そしてそのふたつの要素を、
人の本質のような言葉でコピーにすること。

単純な思考ではありましたが、
結果、作品に漂うモヤモヤした感じが、
森のモヤがかった情景とリンクし、
理屈も後付けできた気がします。
(というより、そう思いたいです。)

今通っている広告学校の講師である小霜さんは、
HPのなかで、「直感に理屈を後付することも大切」
とおっしゃっていました。
このコピーは、それに近いものがあります。

とはいえ、世の中での受け取られ方はさまざま。
「こんなんじゃダメ」「微妙」などの辛辣なお言葉も。
そういう方々には、とても申し訳ない気持ちになります。
「こんなコピーでごめんなさい」という気持ち。
また、あまりに言葉がサラッとしすぎていて、
コピーが添え物にしかなっていない感じもあるのです。
もう少し違うやりくちもあったのではないか?と。

しかし、「いいね」とおっしゃってくださる方々もいて、
コピーの仲間や、顔も知らない方々に、
とても励まされる思いでいっぱいです。
この場を借りて、ありがとうございます。

辛辣なコメントも、凹みはしますが、
本当にありがたい限りです。
自分のコピーに対して意見をいただける機会なんて、
めったにないのですから。

とにもかくにも、僕はまだまだ素人なので、
この賞に浸って満足するのではなく、
次のステップに進むために頑張りたいです。
そして、ほんの少しでもいいから、
このコピーが世の中にワークしていくことを願います。

「ノルウェイの森」のお役に立てますように。


スポンサーサイト


  • 2014.12.26 Friday
  • -
  • 04:41
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
おめでとうございます!
きっとヒットしますよ!
  • 匿名さん
  • 2010/11/19 10:19 PM
>匿名さん

ありがとうございます!
少しでも映画に貢献できたなら、
本当によかったと思います。
  • のえる
  • 2010/12/31 9:44 PM
ツイッターから来ました。
はじめまして、さおりと申します。
(^^)

私、このノルウェイの森、応募したんですよ!作品が好きで、広告には興味はなかったんですが、書いてみたいと思って、本当に気軽に出しました。全くなんの知識もロジックも持たないまま(笑)

結果発表。ホームページを開いて、一番感銘を受けたのは、のえるさんのコピーでした。

うわーなんて素敵なんだろう。どこからこんな表現出てくるんだろう。と思いました。

これまで、広告コピーに惹かれたことなんてほぼなかったのに、なんて素晴らしい表現なんだと胸を打たれました。

正直、トップを獲られていたコピーは覚えていませんが、このコピーは今でも覚えています。短いフレーズでインパクトがあり、残りやすいんですね。

ツイッターで運良くのえるさんに出会えて、嬉しかったです。

そして、私も何故か運の巡り合わせで、コピーライターになりました。私の場合、華やかな世界とはちょっと違いますが、頑張りたいと思います。

長くなってすみません。
ツイッターでもよろしくお願いします(^^)
  • saoriberry
  • 2013/11/26 3:53 PM
さおりさん

お返事遅れてしまってすみません。
コメントくださってありがとうございます。

このコピーは賛否両論あり、
落ち込んでしまうこともありましたが、
そんなふうにおっしゃっていただけると
とても報われる思いです。

さおりさんもコピーライターということなので、
どこかで巡り会えたらうれしいです。
今後ともよろしくお願いいたします。
  • ひのはら
  • 2014/02/12 11:44 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
LOVE is HOT.
uniqlo
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
わたしは真悟 (Volume1) (小学館文庫)
わたしは真悟 (Volume1) (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
楳図 かずお
別世界に連れていってくれる夢物語。
こどもから大人へ変化することは、
とても残酷なのです。
recommend
マグノリア コレクターズ・エディション [DVD]
マグノリア コレクターズ・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

ろくでもない人々が織りなす、
再生の群像劇。
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座