<< ノルウェイの森へようこそ | main | ただいま。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.12.26 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

さようなら、2010年。

今年も残すところあとわずか。

いろいろありました。
それでも、本当にあっという間でした。
振り返ってみます。


コピーライター養成講座の基礎クラスに通った。
とても大切な人たちと出会えた。嬉しかった。
卒業制作では、講師の方に評価されたものの、
クライアントの方に選んでもらえず悔しい思いもした。

卒業後、養成講座の上級クラスに通った。
心底通いたかったnp.広告学校にも通えるようになった。
上級クラス、np.広告学校ともに、
学んだことは数え切れない。山ほどある。

養成講座では書けるコピーの引き出しも増えたと思うし、
npでは、今の世の中で、どういうターゲットに向けて、
どんなインサイトとUSPの接点を見つけ出し、
どんな提案をすることが売りにつなげる作戦として有効なのか、
そういうストラテジーの部分を考えるようになった。
そして、そこからどうクリエイティブジャンプすればいいのか、
人を惹きつける表現についても沢山学んだ。
どちらの学校も、僕にとっては不可欠な存在だ。

やがて上級クラスは卒業した。
宣伝会議の講座から、コピーのいろはを教わり、
同時に人とのつながりの大切さを学んだ。
そこで出会えた人たちは、本当に尊敬できるし、
今でも一緒に広告を制作するような貴重な仲になっている。

コピーは、まだまだ分からないことだらけだ。
だけど、皆と勉強するなかで、少しでも進めたと思う。

講座に通う前は、ひとりで勉強するだけだった。
その頃から考えれば、C-1グランプリに載ることも、
都道府県キャッチコピーで選んでもらうことも、
「ノルウェイの森」の書店用ポスターになることも、
なにひとつ想像できなかった。夢のような話だった。

いま、少しずつ、結果が伴ってきている。
本当によかったと思う。
でも、もちろんそれは目的ではなく、手段であって、
本当に目指すべきは、まずは就職だ。
きちんと会社に入り、社会に貢献して、
自分の生活を維持する。お金の責任を負う。
コピーライターになってみせる。
来年度、胸を張っていれるように、頑張ろうと思う。

あと、忘れたくない、嬉しかったこと。
それは、コピーライター養成講座で悔しい思いをした、
卒業制作の「東京スマートドライバー」。
首都高の事故削減を目的としたプロジェクトで、
横断幕に書かれるコピーが募集されていた。
コピーライター養成講座の卒業制作では、

「ゆっくり走るあなたも、
ステキな景色のひとりです。」

というコピーを書いた。
評価はされたが、横断幕になることはなかった。
とても悔しく、やりきれない思いをした。
だから、募集されているのを知って、嬉しくなった。
ここぞとばかりにいっぱい考えて、30本くらい応募した。

そうしたら、大賞と事務局賞に選んでもらえた。
悔しい思いをしたぶん、嬉しくて、嬉しくて。
どちらも非常にシンプルなコピーが選ばれていた。








「運の強い人は、意思の強い人だと思う。」
「偶然の女神は、準備のできた心に訪れる。」

講師の方々に教えていただいた言葉が、
頭をよぎり、熱い気持ちがこみ上げてきた。
ジャングルに踏み込んだような2010年。
迷い迷いやってきたけど、努力は無駄にならないのだと知った。

だから、もっと頑張ろうと思える。
ちゃんと就職できるように、進んでいこうと思える。

せまき門だとも思うけど、
少しでも多く練習して、少しでも多く打席に立って、
これからも飽きることなく学んでゆく。
そのすべてが、僕の立ちたい未来につながっているはずだから。


…振り返るだけのつもりが、
いつの間にか長くなってしまいました。

今年もいろいろありましたが、
来年もいいことがたくさん起きるように、
頑張ってゆこうと思います。

皆さま、今後ともよろしくお願いいたします。
どうかよいお年を。


スポンサーサイト


  • 2014.12.26 Friday
  • -
  • 21:06
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
はじめまして。
私も広告業界を志望していて、宣伝会議の講座に通ってみようと思っています。
宣伝会議の講座で就職の斡旋や就職に実際に有利になったりすることはあるのでしょうか?
  • 浅井誠章
  • 2011/05/13 4:25 PM
浅井さん

お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ございません。

自分はまだ就活中なのでなんとも言えませんが、
斡旋などは特にありませんでした。
アドバイスを求めれば答えていただけはします。

例えば僕の場合はコピーライター志望で、
課題をこなすことで作品集を作ることができたり、
広告を基礎から学べたという点で有用でした。
でも、目に見えて就職が有利になるということはないと思います。

実際、宣伝会議の講座に通っている人はたくさんいますし、
ただ通うことが差別化になるとは思いません。

大切なのは、そこで何を学ぶか、ではないでしょうか。
僕は、通うことで賞など獲る力が身につけられましたし、
通ってみてすごくよかったと思っています。
また、仲間もたくさんできました。

そのことが浅井さんにとって意味のあることだと感じたならば、
ぜひ一度通ってみてはいかがでしょうか?
  • のえる
  • 2011/06/10 2:53 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LOVE is HOT.
uniqlo
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
わたしは真悟 (Volume1) (小学館文庫)
わたしは真悟 (Volume1) (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
楳図 かずお
別世界に連れていってくれる夢物語。
こどもから大人へ変化することは、
とても残酷なのです。
recommend
マグノリア コレクターズ・エディション [DVD]
マグノリア コレクターズ・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

ろくでもない人々が織りなす、
再生の群像劇。
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座